Macのキーボードを購入しました(^_^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac純正のキーボードが壊れてしまったので、思い切ってWirelessキーボードを購入してみました(^_^)
と言っても純正の『Magic Keyboard(テンキー付き)』ではないです(^_^;)

3000円をケチって『【送料無料】 MATIAS 【スマホ/タブレット対応】 ワイヤレスキーボード [Bluetooth・Android/IOS/Mac] Matias Wireless Aluminum Keyboard Space Gray 日本語配列 FK418BTB-JP』を購入しましたが、出来ればもうちょっと安いキーボードを探していたのですが、Mac用のキーボードってなかなか無いんですよね・・・(^_^;)
と言う事で今回購入したキーボードの感想などを書かせていただきたいと思います。

今回注文したのが『ビックカメラ楽天市場店』です。
取扱店はいくつかあったのですが、一番安くて一番早い発送のお店を選択しました(^_^)

こちらが商品が届いた箱ですが、どれだけ大きな物が入っているの!?って感じですが、中身は想像できますよね(^_^)
開けてみると想像通りほとんどが空間・・・
輸送時の故障などを考慮してこのような箱になるんでしょうね!?

無駄なような気がしますがありがたい限りです(^_^)

取りだしたキーボードがこちらになります。
配色は4色・・・
純正と同じ『シルバー/ホワイト』にしようかな!?
とも思いましたが、汚れが目立つ白は止めてキーが黒の『スペースグレイ/ブラック』にしました。

初めて実物を見た時の感想ですが、すごく落ち着いていて良い感じです(^_^)
これは正解だったと思います!!

キーボードの構成を見ていただきたいと思います。
まずは私が絶対に欲しかったテンキー・・・
そして優れものがその上に入れ付いているペアリングキーです。
たとえば私みたいにiMacとiPhoneにiPadを使用している物からすると、1にiMac2にiPhone3にiPadを登録すると、ボタンを押すだけでそれぞれの端末にBluetoothで繋がりこのキーボードが仕様でします(^_^)
やはり各種SNSを使用していると、各端末でこのようなキーボードが使用出来るのはありがたいですね(^_^)

こちらがキーボードの中心部分、キー配列は純正のキーボードと同じですね(^_^)
これはありがたいんですよね!!
なかなかMacのケー配列に合わせたキーボードは無いので嬉しい限りです。

そしてキーボードの左側になります。
今回故障したのが英数のキーですが、これが無いとなかなか面倒なんですよね(^_^;)
これだけMacの純正キーボードに合わせているのにこだわっていらっしゃるのか、1のキーの横にもう一つのキーが付いているところです(^_^)
私は!を良く使用するのでこれには戸惑いましたね(^_^;)
普通に使用すると『!』ではなく『〜』が打ち込まれますので、これには慣れが必要ですね!!

あとは並べて見ますと一回り大きいんですよね(^_^)
大きさ的には使っていてまったく問題はないです!!

一番違うのがキーボードのタッチかな!?
Macの純正キーボードは重厚な押し具合というか、とにかく重い感じ、今回購入したキーボードはとにかく軽くてパチパチ・・・って感じ、職場にあるWindowsのキーボードみたいで、この感覚は好みになるんでしょうね!?
最初は違和感を感じて失敗したかな!?と思ってましたが、使用してなれてくるとこの軽快さがまた良かったり感じます(^_^)
とにかく良く研究され良く出来たキーボードだと思います(^_^)

あとは充電ですが、専用のUSBコードでフル充電まで最初は5時間くらいかかりました。
電池ではないのでちょっと面倒ですが、これで1日4時間使用で約1年使用出来るそうですので、これはこれで便利ですね(^_^)

今回不安に思いながら購入したキーボードですが、良い商品を購入したと思ってます(^_^) 
今後何か不都合が出れば紹介させていただきたいと思います!!

価格は税込10,800円(送料無料)でした。
私が購入した時は在庫ありでしたが、今はお取り寄せで1週間くらいかかるみたいです(^_^;)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Google

コメントを残す

*