昔使っていたホルン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が35年ほど前に購入したホルンです。
結婚して子供が出来て、そうこうしている間に吹奏楽を止めてから倉庫に眠っていたままのホルンです(^_^;)
今回知り合いが眠っているのだったら譲って・・・
とお願いされたので久しぶりに引っ張り出して見てみました。
一度オーバーホールにも出しているのでロータリーも動くし、なんとか使えるかな!?って感じです。
思い出として飾っているのも良いかもしれませんが、やはり音が出てなんぼの世界ですので、使えるようだったら使って下さいと譲りました。

倉庫から取りだしたところです。
埃だらけでもう開けるのもためらわれるくらいの代物です(^_^;)
20年くらいは眠ったままなのでどうなっている事やら・・・!?
しかもメッキ無しのホルン(^_^;)
もしかして穴が開いているかも・・・
と思いながら開けてみました。

開けてみるとこんな感じ・・・
見た目はまだまだ使えそうですね!?
と言っても持つだけで手に匂いが付きそうですが・・・(^_^;)

開けてみるととても懐かしく昔がよみがえってきますね!!

楽器のメーカは『ハンスホイヤー』、旧東ドイツの国営工場(VEB)が使用していたブランドです。
今は探しても見つからない骨董品ですよね(^_^)

マウスパイプにあるシリアル番号がこちらになります。

当時購入したのが、東京の神保町にあった下倉楽器、今は店舗が移転してしまっているのかな!?
とにかく何時までも音が鳴っていてくれたら嬉しいですね(^_^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Google

コメントを残す

*